コレイカ(ボードゲーム)遊んだ

とにかく並んでから様子を見ろ! 足の引っ張り合い買い物ゲーム

以前のニュースサイトの記事で、「世界一退屈? 社会主義時代の「行列」が題材のボードゲーム『コレイカ』(ギャラリーあり)」というのがあって、コンポーネントのよさげな感じとテーマが気になってて、いつ出るんだろうと思ってたら、いつの間にか日本でも発売されてたので買って遊んでみました。


ボックスのデザインも小包風。

ちなみにメビウスゲームズとかそのあたりの有名どころでは入荷してなくて(9月現在)、自分が把握している限りではテンデイズゲームズが販売してるくらい、かな?

ゲームとしては、共産主義時代のポーランドを舞台に、買い物リストの商品をすべて手に入れるためにひたすら行列に並ぶ、という内容。確かに先の記事通り、テーマは退屈そのもの。ただしもちろん、ゲームとしてはちゃんと成立してます。

“コレイカ(ボードゲーム)遊んだ” の続きを読む

グラビティデイズ(PS Vita)

若干荒削りながらVitaを引っ張るパワーを秘めた良作


正式名称は「GRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動」。
この長すぎるタイトルで、てっきりイロモノかと思ってノーマークだったんですが、PSストアで配信してる体験版やって目から鱗が落ちました。

ウリとしては、好きな方向に「落ちる」事ができる重力操作と、バンドデシネなどのヨーロッパコミック風の色使いのグラフィック。

こんな感じ。
“グラビティデイズ(PS Vita)” の続きを読む

バイオハザード・リべレーションズ(3DS)

拡張スライドパッド持ってるならマスト、同時購入も視野に入れても損はない


3DSで出たバイオハザード。ナンバリングはないけど、実質的には外伝というよりナンバリングタイトルに近い。
拡張スライドパッドを使って、ストーリーモードクリア、レイドモードはDARK難度クリア。

海上都市テラグリジアがバイオテロによって壊滅して1年。壊滅したと思われたテラグリジア事件のテロ組織「ヴェルトロ」復活の情報を得て、FBAとBSAAが調査に乗り出す……というお話。時間軸的には4と5の間とのこと。

“バイオハザード・リべレーションズ(3DS)” の続きを読む

Xbox Live(Windows Live)アカウントハックされた記録

年明けあたりからぽつぽつとニュースになっていた、Xbox Liveのアカウントハック。
ここのところ、PSN、スクエニメンバーズ、去年のXboxのハック騒ぎと続いていて、被害がなかったので、警戒が緩んでたところにやられました。

以下ハックからアカウント復旧までの経過。
“Xbox Live(Windows Live)アカウントハックされた記録” の続きを読む

2011 私的GotY

恒例の個人的ゲームオブザイヤー的な話でも。

今年遊んだ主なゲームは40本くらい。
忘れてるものもあるだろうし、ちょっとだけ遊んだものは抜いたので、実際はもうちょっと多い。

とりあえずハード的には、3DSとVitaの発売ですかね。
どっちも買いましたが、3DSはもっさり感、Vitaは頻発するフリーズ(自分だけかも)と、ハード的にはまだどちらも課題が多い印象。
あとKinectも買いましたが、正直どれもゲームになってませんね……。ダンス系とスポーツ系はやってないので偏った感想ですけど。

“2011 私的GotY” の続きを読む

Falloutリプレイ tMfV:Log18「BoS」

「すばらしい! よくやったぞ君ィ!」
キャボットは俺たちの持ち帰ったデータを見て、もみ手をせんばかりの態度で上官に報告しに行った。
程なくバンカーの扉が開かれ、エレベーターで内部へと招き入れられる。

「パワーアーマーの詳細仕様やFEVの研究資料、君の持ち帰ったデータは、失われた技術を大いに復活させるものだ。正直言って、期待以上の成果だよ」
バンカーの最下層で俺たちを出迎えたのはブラザーフッド・オブ・スティールのリーダー、マクソン将軍だ。


「まあ、俺たちにかかればこの程度は軽いもんだな」
背後に剣呑な視線を感じながら俺は嘯く。視線の主はBoS連中ではなく、イアンとタイコだ。

“Falloutリプレイ tMfV:Log18「BoS」” の続きを読む

GEARS OF WAR: THE BOARD GAME

以前ゲームニュースかなんかで、GoWのボードゲームのコンポーネントに各キャラのミニフィギュアと専用ダイスが付属すると聞いて気になってて、それが発売されたので、矢も盾もたまらず、個人輸入代行ショップに(海外発送OKのショップが見つからなかったので)注文しちゃいました。
(2011/10/10:米amazonの在庫が復活して、日本に発送可になってます)

で、先日届きまして、ソロプレイ可能なルールだったので早速遊んでみました。

フィギュアが無彩色なのが残念。

“GEARS OF WAR: THE BOARD GAME” の続きを読む

Falloutリプレイ tMfV:Behind the Scenes 17

たいしたイベントがない割にやたら広いThe Glowです。

そのなかで唯一ZAXとの邂逅は、豊富なテキスト量のおかげでボリューミーとなってます。
ここでは要点のみをかいつまんで記載してますが、実際にはFEVの構造や感染方法、放射線の遮断システムなど多岐にわたり、動物実験の様子なども知ることができます。

もうひとつ、おまけとしてZAXとはチェスの勝負を挑むことができますが……この選択肢を選ぶとあっという間に数時間が経過する、ということだけは覚えておいたほうがいいでしょう。クリック前にセーブを推奨します。

それにしてもこのZAX、特にパスワードやハッキングなしにペラペラと機密情報をしゃべっちゃってますが、いいんですかね。一応ここまでに2重のセキュリティがかかってるから、これ以上は必要ないということなんでしょうか。


さて、スーパーミュータントの正体など、次第に核心に迫ってきましたが、ダンジョンとしてはまだ半分程度の進行度となってます。まあ、重要な部分は終わったので、次回はさらっと行くと思います。