ONE DECK GALAXY (プレビューPnP版)

ダイスパズルRPG、ONE DECK DUNGEONの姉妹編プレビュー用PnP版。今度の舞台は宇宙だ!

ソロ分類:ソロ・協力
日本語対応:私家版抄訳
おすすめ度:☆☆

ONE DECK DUNGEONのデザイナーの新作。BGGにプレビュー用のプリント&プレイ版を投稿していたので、作成して遊んでみました。

今回は舞台を宇宙に移し、自らの艦隊で星系を平定し、覇権をかけて強大な敵に立ち向かうというテーマになってます。

 

 

能力値をもとにダイスを集めて振り、遭遇したカードの対応したボックスを埋めて解決する、という基本のシステムは踏襲しながらも、新たに「Influence(影響力・権勢)」という要素を追加。

Influenceはこれまでの能力値(今回は「Colonies」)やスキル(同様に「Tech」)のようにカードの下に差し込む形で表され、各惑星を入手してColoniesやTechにするには、指定されただけのInfluenceを蓄積する必要がある。

 

Influenceは同様に敵も使用してきて、ボスカードや敵性遭遇カードの下に差し込まれたInfluenceは、一定以上蓄積されたり、特定のトリガーで使用されて強力な攻撃を仕掛けてくる。

また、デッキが尽きて捨て札からリシャッフルする際にも敵のボスは行動を起こすので、Influenceが場に大量に配置されていると、それだけデッキが薄くなりリシャッフルの頻度が上がるという、諸刃の剣的な要素にもなっている。

 

このように、Influenceをうまく使ってMilestone(レベルのようなもの)を達成して自勢力を強化し、ダイスを集め、段階的に要求値が厳しくなる敵への攻撃を4回成功させれば勝利、リシャッフルのタイミングで捨て札がなくなったり、ボスごとに設定された敗北条件を満たしてしまったりすると敗北となる。

プレビュー版の段階で、プレイヤーが選択できるCivilization(種族)とSociety(職業)を4種ずつ組み合わせられ、敵も4種×難易度が2段階と、リプレイ性は高めになっている。

 

作成には大判カード12枚、スタンダードサイズのカード57枚に加え、ダイス4色30個、トークン24個が必要。

ダイスはONE DECK DUNGEONを持っていれば色と数が同じなのでそのまま使用できる。

 

 

現行版(Fall2019)のルールブックを抄訳しました。フレーバー的な文章などは省いてあるので、元データと合わせて参照ください。誤訳や不明点がありましたらお知らせください。

 

BGG(プレビュー版PnPデータをForumで配布)
ルール私家版抄訳