ARMY OF TWO(PS3)クリア後レビュー



以前投げ売りされてて、ちょっと遊んだ後に積んでいたのを、今度続編が出るということで再開、クリアしました。
傭兵がツーマンセルで様々な戦場に送り込まれるというTPS。


2人組ということで、それを軸にしたアグロシステム、バックトゥバック、シンクロスナイプなどのシステムが搭載されてます。
……といっても後者2つは特定の場所でしか使えませんが。

で、アグロシステム。片方が攻撃などで敵の目を引いてもう片方を注意からそらし、その隙に移動して敵を倒すというものです。どっちが注目されてるかはゲージで表されていて、振り切ると片方が攻撃力アップのオーバーキル、もう片方が完全ステルス状態になるというフィーチャーもあり。
後はカバリングのシステムと、アホっぽい武器改造。
カバリングはGoWのように吸着するタイプではなく、遮蔽物に近づくとおおむね遮蔽物に合わせて体勢が変化するというもの。わりとテキトーなので、攻撃してる状態でなくてもダメージ食らったりします(笑)。リアルといえばリアル。
武器改造はバレルの交換とかのマトモなのから、金メッキまで。金メッキ改造するとアグロが増えやすくなります。アホだなー。


難点はフワフワした視点移動(変な加速が入ってる?)と、お互い隠れててさっぱり当たらない撃ち合い(相手は結構当ててきますが)、頼りにならない相棒。
特に相棒は攻めろといっても敵を倒せないし、かといってこっちがアグロあげて引きつけても敵に向かっていってくれないので、結局自分で何とかしないといけないのがちょっと。
あと、結構激しい撃ち合いのさなかに通信が入ってくるのだけど、吹き替えなしの字幕なので見逃すことが多々あるのもちょっと残念。重要そうなことしゃべってたんだけどなー。

この辺が続編で直ってるといいんだけど。前編漂う大味で馬鹿っぽいノリは好きなので。
字幕問題は、確か吹き替えになってるので、そこはクリアなのかな?


好)アバウトな展開、武器の改造、アグロシステム
嫌)視点移動、地味な撃ち合い、使えない相棒AI