Falloutリプレイ tMfV:Log17「ZAX」

予想通り、パスカードをスリットに差し込むとセキュリティは解除され、エレベーターの扉が開いた。中のボタンを見ると、地下3階まで降りられるらしい。

軍曹の記録どおり、地下2階には停止したロボブレイン型とフローティングアイ型が転がっているだけだった。ただし、壊れているわけではなさそうで、主電源が落ちてスリープモードになっているだけらしい。ロボブレインの生体プロセッサ、つまり人間の脳もプラスチック状の保存状態で停止している。
地表から地下1階を貫通したミサイルの破壊はここまで及んだらしく、天井の分厚い鋼材が捻じ曲げられて開いた穴を通して砂塵にけぶる空が見える。床材も大方剥ぎ取られてコンクリートと鉄骨がむき出しになっている。

軍曹たちが襲われた地下3階も、数十年たった今では上の階と同じようなもので、めぼしいものは見つからなかった。変わったことといえば、天井に穴がないことと、奥に別のエレベーターがあることだけ。まあ、地上から直通で来られる階に大したあるとも思えないし、本番はこの別セキュリティのエレベーターからだろう。2階で見つけた赤のパスカードでセキュリティを解除し、地下4階に下りる。

Pip-Boyの画面の明かりを頼りに、薄暗い階層を手探りで進んでいく。いくつかの部屋を過ぎ、とある扉の前で立ち止まった。隙間から光が漏れている。タイコとイアンに目で合図し、.223ピストルを構えて部屋に飛び込む……と。


「何かお役に立てることはございますか?」

柔らかな、しかし異質な響きを持つ声を発したのは、巨大なコンピューターだった。

「私はZax。研究および施設管理を目的としたAIです」
“Falloutリプレイ tMfV:Log17「ZAX」” の続きを読む

Falloutリプレイ tMfV:Behind the Scenes 16

またしても間が空いてしまいました、Falloutリプレイです。
仕事が忙しくなって余裕がなくなってきたり、派遣を切られてしょんぼりしていたりといろいろあったのですが、一番の理由はOSの再インストール。
環境を再構築して、さあFO再開と思ってたら、やってしまいました。セーブデータ(とスクリーンショット)がどこにも見当たりません。うっかり消してしまっていたのでした……。

なので今回からのSSは頭からやり直したものになります。といっても、チートバリバリ使用してすっ飛ばしてきた上に、NPCMOD入れ忘れてコンパニオンが防具着てくれないんですが……その辺は目をつぶっていただけますと。

さて、今回はBoS言うところのAncient Order廃墟、ゲーム的にはThe Glowにやってきました。例によって淡白に「BoS入りたいならちょっくら廃墟行って証拠品持ってきて」というクエストですが、ここではちょっと脚色を入れてます。実際かなり無理難題なんですが、ストーリー上、BoS入るモチベーションがいまいちないんですよねー。

ともかくこのThe Glow、致死レベルの放射線が襲いかかってきます。あらかじめ注意はされますが、リプレイ通りRad-Xを2錠(ステータス画面で放射線耐性値が100%になるまで使用すること)とRad-Awayを2~3個持っていく必要があるかと思います。確か高度障害のまま時間が経過すると、SPECIALが永続的に減少するペナルティとかあるはずなので。Rad-Awayも完全な効果が出るまで時間がかかる(ゲーム内で4時間)ので、Rad-Xと一緒に使用しておくといいかと思います。
この辺の薬品はThe HubのOld Town、武器商人に紹介されたクスリ屋さんで手に入ります。結構高いので注意。ちなみにコンパニオンは放射線の影響を受けない(!)ので、自分の分だけでOKです。

あと、The Glow内部に下りるときにまたロープが必要になるので、どこかで入手しておいてください。確かHubのマーケットの雑貨屋で売ってたと思います。

リプレイにもある通り、1層目のBoSの遺体のホロディスクを入手すれば入団クエストは完了ですが、戦力に余裕があればもっと奥まで探索すると見返り(と難易度)がぐんと上昇します。そのあたりはまた次回。
キーカードは持ってるだけじゃだめで、扉長押ししてアイテム使用アイコンを選ぶか、武器スロットにカード入れて使用するかします。降りた扉にもロックがかかっているので、降りたらカードを使っておきましょう。

Falloutリプレイ tMfV:Log16「ホットスポット」

「…だから現地人にはこの技術は公開できないと……ちょっと待った、それはPip-Boyか?」
取り付く島もない、という対応だったパワーアーマーの男は、俺の腕のPip-Boyを見て露骨に態度を変えた。
「まあね。モデル2000だ」
「そういうことは最初にいってくれれば話は早かったものを」
打って変わってにこやかになったブラザーフッド・オブ・スティールのイニシエイト(要するに下っ端だ)、キャボットは内部と連絡を取り、ある条件を出してきた。


いわく、BoS外部の者にパワーアーマーや戦前の兵器を支給することはできないが、Vault出身者である俺は特例として、ある探索を成功させたら入門を認めてもよい、云々。
入門には興味はないが、パワーアーマーやレーザー兵器は、マスターとやらと対決するに当たっては必須となるだろう(そいつがBoS内部にいないとも限らないしな)。
……というわけで、キャボットから聞いた座標に向かって進んでいたわけだが。

“Falloutリプレイ tMfV:Log16「ホットスポット」” の続きを読む

Falloutリプレイ tMfV:Behind the Scenes 15

何とか登場させました、ハロルドです。
今更出すのが難しいので、なかったことにして進めてしまおうかとも思いましたが、やはりストーリー的に重要なので、無理矢理感が残りつつも引っ張ってきました。

普通に進めると、このリプレイでも登場したデスクローじいさんに、まずはハロルドに話を聞けと言われて聞きに行ってからじいさんに話を聞くことになるんですが、なんか振り方が唐突なので出しづらかったんですよね……。

ともかくこのハロルド、80年後のFallout2、さらに36年後の3にも登場します。グレートウォー自体も体験してますから、相当長生きのキャラクターですね(グール全般がそんな感じですが)。
自分は初プレイが3で、そのあとNV、1、2の順にプレイしたので、3のハロルドはあんまり印象に残ってないのがもったいないですね。もう一度やってみようかなあ。


さて、次回はいよいよHubを出て、北西に向かいます。目指すはBoSの本拠地、そして謎の軍事基地です。

Falloutリプレイ tMfV:Log15「ゆきてかえりし物語」

トレーダーを襲った犯人の情報は良い稼ぎになった。約束の500ハブドル(例のボトルキャップだ)に加え、ホロディスクの証拠を加えてボーナス込みで800。これで弾薬と当面の食料、そこそこの防具がまかなえるはずだ。

「しばらくは北西のルートは閉鎖するか、強力なキャラバンを組む必要があるな」とトレーダーの元締め。
「その北西なんだが、何か心当たりはないか? 話によるとブラザーフッド・オブ・スティールの本部があるらしいが」
「BoSなら多少は取引があるが、キャラバンを襲うような奴らじゃないな。第一、キャラバンを襲って彼らが得をするようなことはなにもない」

“Falloutリプレイ tMfV:Log15「ゆきてかえりし物語」” の続きを読む

Falloutリプレイ tMfV:Behind the Scenes 14

だいぶ久しぶりになってしまいました、Falloutリプレイです。
前回の更新から再就職しまして、時間というよりは精神的に余り余裕が無くて、ちょっと滞ってました。
久しぶりついでに長すぎるタイトルを若干省略しました。「tMfV」は「The Man from Vault」の略だと思ってください。間違ってたら直します。

で、ついに名前が出てきました(Necropolis編で一度出てきてましたね……。久しぶりすぎて忘れてました)、Masterです。New Vegasのブラックマウンテンラジオでタビサが盛んに話題にしてる人物ですね。3でも話題になってたかもしれませんが失念。
今回分かるのは、スーパーミュータントを操って人を攫っているらしいというところまで。さて、どんなキャラなんでしょうか。

もう一つ登場したのがBrotherhood of Steel。BoSの本部がthe Hubの北西にあるので、次回には本部バンカーを訪れることになるかと思います。ここも話に絡んでこない割に入り組んでるんだよな……どうしようか迷いどころです。

迷いどころといえばHaroldもどうするかちゃんと決まってません。次回強引に出すかも。ううむ。

次回はあんまり間を開けないで更新したいと思ってます。

Falloutリプレイ tMfV:Log14「マスター」

驚いたことに、内臓の大半を食われながらも、このスーパーミュータントはまだ生きていた。
とはいえ、流石に時間の問題でしかない。うつろな目で虚空を見つめ、うわごとのように何事かつぶやいている。
「皆……死んでしまった……なすすべもなかった……」

「お前は何者なんだ?」
タイコが問いかける。聞こえているか定かではなかったが、ともかくこのデカブツは答えた。
「私は……リーダーだった……これを……届けて……」
震える手でポーチを探り、血まみれのホロディスクを取り出す。
「お前達はどこから来たんだ?」
ディスクを受けとりタイコが重ねて問う。
「我々は……最高の素体を探していた……北西から……」
次第に呼吸が乱れてきた。うわごとも次第に意味をなさなくなってくる。
「待て、最後に教えろ。誰の命令でやってるんだ?」
「父よ……どこにいるのですか……マスター……マス……ター」
「マスター? マスターとは誰だ? おい!」
目の前の幻に問いかけるような姿勢のまま、スーパーミュータントは事切れていた。マスターなる人物が何者かは分からないが、そいつがスーパーミュータントを指揮しているらしい。

あとはこのホロディスクだ。

“Falloutリプレイ tMfV:Log14「マスター」” の続きを読む

自転車購入

非日常が日常を浸食している間に誕生日もとっくに過ぎ、4月に突入してしまいました。

そんな中、折りたたみ自転車を入手したと言う話を聞いたりして、自分の中でくすぶっていた自転車欲しい熱が再発。
とはいえ、庭に放置してさび付かせるのもアレだなと思ってもいて、買うなら自分の部屋(2階)に置けるコンパクトなやつが良いかなと思って調べたのが、A-bikeという車種。マイコン関係の有名人、シンクレア卿の興した会社が開発した自転車で、8インチホイールの車体を折りたたむとすごいコンパクトになっちゃうという代物。
http://www.abike-uk.com/

調べだしたら欲しさが募るのが人の性、ということで、木曜日に注文、金曜日に届いたんですが受け取れず、土曜日に再配達で入手。

まあかわいい。
“自転車購入” の続きを読む