iPod Touch購入


前から気になってはいたものの、踏ん切りが付かなかったiPod touchですが、最近アプリが続々と発表されているのと、周りで楽しそうに使っているのを見たりして、だんだんたまらなくなってきて、ついに買っちゃいました。16Gのやつ。

右は比較用のPSP1000。脇のペンはtouch用の特殊スタイラス「pogoスケッチ」。先がスポンジみたいになってます。

無線LANに対応してて、タッチパネルでフルキーボード状態になるのと、そのタッチパネルのマルチタッチ機能によるオペレーションが楽しいですね。2本の指でつまんだり開いたりする「ピンチ」動作で拡縮したりとか。



で、色々出てる有料無料のアプリからいくつか落としたりしてますが、タッチパネルといえばお絵かきだろうということで、有名どころから「Colors!」、「Brushes」、「SmallCanvas」を試してみました。前者2つが600円、後者が230円。

Colors!とBrushesはさすが値段だけあって良くできてます。SmallCanvasは傾けてアンドゥとか良いんですけど、ブラシの動きにラグがあって残念。

Colors!は透明水彩っぽい、手書きブログやdrawrみたいな描き味。独自の機能としては、傾きを疑似感圧みたいに使って(touchはタッチパネルの仕組み上、感圧に対応してないです)太さや透明度をいじれるところと、専用の投稿コミュニティがあってPC上からも見られるところ、ストロークを記録していて描く工程を見られるところ。

Brushesは不透明水彩というかパステルというか、Painterっぽい感じ。拡縮がなめらかで(Colors!は2倍、4倍固定)、ブラシっぽいペン先が特徴かな。

機能としてはColors!の方が多いですが、描き味としてはBrushesの方が好み。あとはどっちでも、ブラシサイズ変更がショートカットアクションでできれば文句ないんだけどなー(ペイントソフトじゃないけど、パラパラマンガ作成ツールのFlipbookが、3点タッチのドラッグでブラシサイズ変更を実装してて良い感じ)。

さっそく両方のツールで描いてみました。



1枚目がColors!、2枚目はBrushesで。

Colors!は常にメニューが画面下に出てるので、絵のサイズがちょっと小さい。