最近の武侠ドラマ

こないだまでチャンネルNECOで再放送していた「笑傲江湖」が終わって、先週から「碧血剣」が始まったので観てます。

笑傲江湖は悪くはなかったんですが、やっぱり全40話という事で中盤けっこう中だるみしてて観てるのがちょっと辛かったかな。それはドラマのせいだけという訳じゃなくて、そもそも金庸の話が中盤ダラダラするのが多くて、後半は打ち切り漫画みたいに駆け足なのが多いというのもあるんでしょうけど。

小説版も読んでたんですが、もうほとんど展開を忘れてたので新鮮に観られましたが、主人公の令弧冲がちょっと強くなっちゃすぐケガしたりしてほとんど役立たずで、終盤になるまでいいとこなしだったのがイライラを募らせる原因にもなってたかも(笑)。あとは武侠モノの定番の勘違いでどんどん立場が悪くなっていったりとか。

そんな中、ヒロインの聖姑こと盈盈のかわいさとツンデレぶりにはだいぶ救われてました。強いし。え、小師妹? 誰それ?



……と言うわけで、手書きブログで笑傲江湖の主人公カップルとメインの女性キャラを描いてみました。


令弧冲と盈盈。


かわいさでは劇中一番だったんじゃないかという尼さん、儀琳と奔放な美女(?)、藍鳳凰。毒がメインの武器だ。

霊珊と平之も描こうかと思ったけど、なんか暗い感じになりそうだったので断念。

で、今回始まった碧血剣ですが、主人公のアクションとしてはこれまで観た「射鵰英雄伝」「神鵰侠侶」「連城訣」「大旗英雄伝(途中で脱落)」「笑傲江湖」と比べても一番見応えがありました。ワイヤーアクションやCGももちろん使ってるんですが、動きにもキレがあるし、剣術+拳法といったちょっと変わった殺陣にもなってて引き込まれました。正直イケメンではない役者さんですが、その分アクションに注力といった感じなんでしょうか。期待できます。