Xiaolin Showdownが日本に来たら(与太)

先日オフ会の時に、Xiaolin日本に来ないかな~とかいつものごとく話してたんですが、ふと、もし来るとしたらどんな吹き替えになるのかなと考えてみました。

あ、ちなみに当方声優関係はさっぱりなのでそっち方面は詳しい人にお任せします。

で、今気になってるのが、オミとクレイの吹き替え。

オミは原語だとアジア(というか日本?)なまりの英語でしゃべってて、ことわざとかも結構間違えたりするので、片言というかたどたどしいしゃべり方なのではないかと思います。しかも、ずっと寺院暮らしで外の世界をほとんど知らないという設定もあるので、そういうのを生かすとしたら、どんなしゃべり方や一人称がいいのかなと。



パッと考えついた一人称は「拙僧」。でもこれじゃ堅苦しすぎるよなあ。といっても、間違っても「僕」や「俺」にはならないだろうし、「私」もちがう気が。うーん、「自分」?

「自分はオミであります」……これじゃ軍人だな(笑)。

しゃべり方も、古風というと「ござる」だけど、それだと武士っぽい。やっぱり外人タレントみたいな片言っぽいしゃべり方がいいのかなあ。

そしてクレイは、劇中だとカウボーイスラングを多用するキャラで、話の中でも「分かる言葉でしゃべってくれ」とか言われてるんだけども、日本におけるカウボーイ的なキャラって思いつかないので、これまたどういうしゃべり方にするかが悩ましい(まあ決める立場にないですが(笑))。

かろうじて引っかかるのは北海道の雰囲気だけど、「~っしょ」というクレイはちょっと想像つかない(笑)。うむむ、こっちについてもすっきりする結論は出ないんですが。

どなたか、「これは」というのがありましたらお寄せくださいませ。

レイムンドとキミコは普通で大丈夫そうね。二人とも出身はアメリカじゃないけど、特に訛り的なものはないみたいだし。

ちなみにジャックは「ボク」を希望。ウーヤーは本来の姿でも「わし」とか言ってもらえるとこう、いい感じね。「わらわ」でもいいけど(本来は身分の高い一人称じゃないけどまあ)。