コピック絵色々

最近、スケッチブックを見せてもらったり、色鉛筆画とかのアナログ絵に触れる機会が多くて、それに影響されて自分もアナログ絵を描いてみたくなってきました。

同じ色鉛筆じゃ芸がないというのと、ふとずっと前(たぶん10年近く前)に買ったコピックがあるのを思い出して引っ張り出してみました。


試しに描いてみたら、全然問題なくインクが出てきました。おおっ、ちょっと感動。さすが高価なだけあって、作りもしっかりしてます。

で、色々描いてみました。




同じく前に買ってあったミニスケッチブックに書いてあったモップちゃんに彩色。

右に見切れてるのは角度違いの落書き。

ちなみにモップちゃんの右目は、アイパッチじゃなくて単なる穴なのだ!


微妙なアレンジのジェニーさんに彩色。これも前に描いた絵。

絵も色塗りもイマイチ気に入ってないけど、一応掲載。


ここから新たに書き起こした絵。

トゥーン・ディズニーの「ザ・リプレイス」よりエージェントK。

口紅の色と塗りを大失敗しちゃって、ブレンダーで無理矢理ぼかし消したの巻。

興が乗って、そのまま主線をコピックでなぞってみたら、なんかメタルギアソリッドの新川氏の絵っぽくなったので、調子に乗ってそれっぽい文字も乗せてみた。


「ジェニーはティーン☆ロボット」の新エピソードよりメロディ。

いい感じのキャラなんですが、脚本に恵まれないのか、ちょっとひどい扱いのかわいそうな子です。

あ~、エピソードガイドもやらないとなあ。

それにしても、デジタルメディアのアンドゥや、無制限の塗り重ねになれてしまうと、アナログ画材はすごい緊張します。

インクもどんどん乾いていくので、ムラにならないように素早く塗っていかないと行けないし、細かいところは滲むし。

でもアナログ画材は、実際に手に取って見たり見せたり出来るし、画材自体を集める楽しみもありますね。コピックはいろんな色があって、揃えていくとカラフルで楽しい。でも単価高いので危険!

……とか言いつつ、冒頭の写真のクリアケースに入ってる方の半分は、コピックで描くようになって新たに買い足した物だったり(笑)。