スペインOTAKU事情

という訳で、12日に無事帰国しました。

2日目にサイフを紛失したりとトラブルはありましたが、一人旅ではないので行動不能になることもなく、気持ちを切り替えて楽しんできましたよ。

もうちょっとしたらまた旅行記を書くつもりですが、その前に軽く向こうのアニメ・マンガのインプレッションを。



朝晩はホテルにいたので、部屋にいる間はテレビを付けていろいろチャンネルをまわしてましたが、見られた範囲ではアニメの放送はあんまりない感じでした(ホテルで見られるチャンネルなので、偏りはあると思います)。で、見られた数少ないアニメでは、パワーパフガールズの他は、「ピンク・パンサー」などのクラシカルなもので、あとはほとんど日本製のアニメの吹き替えでした。

確認出来た範囲では、「十二国記」「名探偵コナン」「ドラゴンボールZ」「ワンピース」「犬夜叉」くらい。ドラゴンボールだったかワンピースはJETIX枠でした。

ちなみにスペイン語版パワパフの吹き替えは、かなり日本に近い感じでした。ナレーションもオリジナルの芝居がかった感じと言うより小堺版という印象。

放送は見かけなかったんですが、WITCHの人気が結構あるみたいです。キャラクターグッズやノベル(表紙がハードカバーで厚さ5mmくらいのを5~6巻くらい)を売っているのを何カ所かで見かけましたし、実際WITCHのリュックをしょってる女の子とかいましたし。あとはドーラとかトロールズとか。

マンガの方は、バルセロナでMANGA専門店を見かけた他はカートゥーン、マンガ含めて全然見かけず。


↑シエスタ(昼休み)中なので閉まってましたが、後に再チャレンジ。

専門店もリーフはほとんどなくて、TPBが中心という感じでした。代わりといってはなんですが、日本漫画の西訳版は結構豊富で、日本の人気どころは一通りありそうな雰囲気でした。ホスト部とかあったよ。

同人誌コーナーもホンのちょいながらあったので、1冊買ってみました。結構分厚くて本格的。同人誌じゃないのかな? よく分かりませんが……。中身はいろんな人のスケッチ集というかなんというか、軽くパラパラ見るにはいい感じです。


Japi TABO

↑ここがオフィシャルみたい。本のページは「NOBANDA」をクリック

他にも「いかにもコピー誌」というのもありましたが、さすがに……(笑)。

余談ですが、スペインへの往復分はJALを使ったのですが、その中で見られるビデオプログラムにディズニーチャンネルがあって、そこでキム・ポッシブルをやってました。「あなたに夢中」の回。お~、なんかマニアックだ(笑)。