METAL GEAR SOLID V: the Phantom Pain

発売直前にコナミのお家騒動やら何やらで、ちょっとアレな雰囲気でリリースされた、メタルギアサーガの最新作、にして、実質的な最終作と目されるタイトル。
クリアしたので、感想やら色々。
基本的にクリアを前提にした話をするので、ネタバレ上等で書いていきます。



●総評
かなり楽しめたものの、気になるところも多い作品、というところ。
ファミ通のレビュー点数を真に受ける人もいないだろうけど、決して40点満点という出来ではないです。
良くて100点満点中75点とかそんな感じ。


●ストーリー
色々書いたけど、結局削除。詰まるところ、未完ってのはどうなのよ、というところに尽きる。
監督による続編、補完がなされないだろうという所も含めて。
1章は30話前後あるのに、2章は水増し分抜くと実質数話しかないとかバランスもヒドい。

序盤に仕掛けられた、あれ、今回のプレイヤーってビッグボスとは別人なのでは? というギミックは、最後の最後で一応生かされはしたけど、「なるほど、そうだったのか!」とまでは行かず、「へえ、そう来たか」程度の物でしたねー。

隠しのように入れてあるパスの話はちょっと良かった。メインでちゃんと行くようにした方がいいと思うんだけどな。もったいない。


●システム
オープンワールドという要素は、結局生かされていなかったように思える。
長距離移動は司令部をかねたヘリを介して行うようになっているので、地形は結局覚えられなかったし、地上を移動したとしても、検問と敵基地しかないので、マップとして面白くない。キャラの走破能力も高くないので、決められた段差しか登れないし、任意のジャンプもできないので、探索の楽しみもそんなにないし。
せめてランディングポイントは一度行かないと解禁されないとか、そういうのはあった方が良かったかも。
マザーベースにしても、行けるというだけで、ほとんど機能がないので、ロードを何度も挟む(ヘリ司令室に移る際に1回、基地に移る際に1回、マップに出る際も同様に2回)割にあんまり帰る意味もなかった。

だったらいっそ、基地機能も投下してもらうようにして、マップ間移動のときだけヘリに乗るようにした方が良かったような。

侵入を含むネットワークモードは、プレイ中はまったく接続が安定せず、1回迎撃が行えたのみで、それも要領が全然分からなくて簡単に負けちゃって、あんまり良い印象がないですね……。
フルプライスのゲームにマイクロトランザクションつけるというのもイマイチ納得いかず。

バディシステムは結構好印象。ところどころ、「もうこいつだけでいいんじゃないかな」というくらい強かったりもしましたが。
馬とロボの使いどころはイマイチ分からなかった。クワイエットと犬だけで充分だったし。
そのクワイエットはエンディングで退場しちゃって、原状復帰の目処が立ってないのも気になるポイント。結構お金つぎ込んでたんですが……どうなるのコレ?

あとはボスかな。今回はスカルズというゾンビっぽいのがボス扱いなんだけど、人格がないのばっかりで、強いだけであんまり魅力を感じない。
コブラ部隊や新生FOX HOUND、FOX部隊みたいなキャラの立った敵役が欲しかったなー。


だいたいそんなところかな。2章以降のストーリーを補完したDLCないし続編が出る可能性もワンチャンなくはないので、それに一縷の望みを繋ぎたいところ。