120日後

先週の水曜に再びCTを撮ってきました。


前回の診断で言われてた通り、患部がある程度縮小しているものの、まだ現段階で手術をするとなると、摘出後の空洞に骨を移植しなければならず、2週間程度の入院が必要になるとのこと。
ただ、懸念されていた化膿の悪化などはなく、緊急に手術する必要もないとのことで、もうしばらく安静にして経過を見ることにしました。

次回診断は3か月、もしくは6か月後。んー、長期戦の様相を呈してきましたネー。

まあ、圧迫されて吸収されてしまっていた鼻腔の底部の骨も薄く張り始めたようだし、ちょっとずつ改善されているようではあるのが救いかな。