Fallout 1なんちゃってリプレイ Vaultから来た男:Behind the Scenes 10

Vaultの手前までしか行きませんでした。

今回のハイライトはやはり、巨人との遭遇。Fallout3以降のプレイヤーにもおなじみの、いわゆるスーパーミュータントです。物語的にはこの時点が初登場なので、謎の存在としてあります。
会話にちらっと出てきましたが、NewVegasの、ブラックマウンテンラジオやロード画面で言及される「マスター」の影も、ようやく見えてきました。


今回のリプレイではSpeechを使って戦闘なしで進みましたが、スキル値がかなり高くないと成功しない(スキル値100近くのTheoでも、場合によって成功したり失敗したりと安定しません)ので、たいてい戦闘になるかと思います。

リプレイにもあるとおり、非常にタフなのはもちろん、レーザーライフルや火炎放射器で重武装しているので、中盤の大きな壁になるかと思います。しかも4体同時。

スピーチも高くなく、戦闘も得意でなければ、会話によってもう一つの展開を選ぶことも出来ます。場合によってはこれがクリアへの最短コースかもしれませんが、かなり難易度は高いと思われます……。


さて、ウォーターポンプの修理ですが、長老に言われて下水道の奥に行くと、ネズミが大量にいてグールの死体がある、いかにも何かありそうな場所に出ます。しかしそこには必要なジャンクパーツはありません。もっと奥まで行って、一旦地上に出て、上記のスーパーミュータントのいるエリアからもう一度マンホールに入ったところにあります。紛らわしい!
そのまま修理に向かうことも出来ますが、Repairスキルが高くないとなかなか成功しません。その場合は長老の所に戻るとスキル本を3冊くれるので、それでスキルを強化すると良いかと思います。
ちなみに修理方法は、ポンプにカーソルを合わせて左クリック長押し→バックパックアイコン選択→ジャンクパーツ選択です。装備スロットに「Tool」を入れておくと、判定時に+20%のボーナスがあるらしいので、どこかで拾ったときは捨てずに取っておくといいでしょう。


ちなみにこのNecropolisには、長老の話にあったグールのチンピラのファクションがあり、いくつかクエストを受けることも出来るのですが、行くのが面倒な上にクリア報酬も微々たるものなのでスルーしてます。なんか偉そうだし。


次回は今度こそVault内部編。ウォーターチップは無事入手できるのでしょうか。