Fallout 1なんちゃってリプレイ Vaultから来た男:Behind the Scenes 03

やっぱり全然進んでないFallout1なんちゃってリプレイです。
削るのには足すのより文章力要りますね。うっかりすると単に箇条書きになっちゃうし。

今回はようやくVaultから出て次のエリアに移動した、というわけでマップのお話。



このリプレイではストーリーとしてイベント風に処理してますが、本編ではフィールド移動は淡々と進みます。


こんな画面で、次の目的地を右のボタンから選ぶか、マップ上を直接クリックすると現在位置のドットが移動し始めて、目的地グリッドにたどり着くと、エリア概略が表示されたあと、通常のエリアマップに切り替わります。

マップ画面右上にあるのが日付表示。最初の目的地、Vault15に向かっていくと途中に現れるのがShady Sandsという小さな町。実はここに寄らないとVault15の探索がマトモに出来ないんですが、「行け」と言われず、自分で見つける仕組みになっているのがニクいですね(バレバレの配置ですが)。
普通に進むとVault13から約5日の距離にあるShady Sands。Vault出たての娑婆僧、しかもOutdoorsmanスキル1%のTheoが難なくたどり着くような場所じゃないので、ここではJRPG的な演出を入れてます。ありがち言うなかれ。

で、フィールド移動中には、ランダムエンカウントが発生する場合があります。
リプレイのようにレイダーやラッドスコーピオンに囲まれる場合もあれば、キャラバンに出会ったり、キャラバンとレイダーが揉めてるところに出くわしたりもします(どちらに加担するか、漁夫の利を得るかはプレイヤー次第)。Outdoorsmanスキルが低いと、食料調達で足止めを食ったりもします。

こういうシンプルなフィールド移動なので、Fallout3以降よりも扱う範囲がだいぶ広いです。
白地図にだいたいの各作品のエリアを書き込んでみるとこんな感じ。


左下(南西)部がFallout1の舞台。NVのすぐ近くということで、NVではFallout1や2に登場する地名がロード画面でちらっと出てきます。HubやNCRの首都などがそうですね。


さて、次回こそはスピードアップして進めたいところ。ガンバリマス。