復職して増えた余暇時間

また仕事するようになって、趣味に使える時間が激減したわけですが、そんな中、特定の趣味の時間だけが増加してます。それは読書の時間。

何となく、本を読む行為というのは、他にすることがない状況でないとなかなかできない性格で、これまではなまじ時間があっただけに、ネットや映画にその時間を割いてしまって、本を読むという行為から遠ざかってしまっていました。買うばっかりで、いわゆる「積ん読」になってたわけですな。お、積ん読って一発変換できる。

で、会社の行き帰りの電車の中で本を読んでるというわけです。先日の「カラシニコフ」を読んで、BM君に借りたキングゲイナーのインタビュー本を読んで、今はスティーブン・キングの「ドリームキャッチャー」を読んでます。

ドリームキャッチャーは映画はちょっとアレな感じだったのだけど、原作は結構いいという話を聞いて、2巻まで買ってあって積ん読になってたのを発掘してきました。

まだはじめのあたりですが、やっぱりキングはこの文体あってこそだなあ、という感じ。

幸い読む本だけはかなりあるので(買いすぎ!)、しばらくの行き帰りには退屈しそうにもないです。

……まあ、すんなり座れたりすると、寝ていってしまったりすることも多いんですけど(笑)。