アバターシーズン3・第3話「The Painted Lady」

だいぶ間が空いちゃいましたが、アバターシーズン3の3話です。
くどいようですがネタバレなので、未見の方はご注意を。

avatar_03_01
旅を続ける一行。途中食糧の補給のため、川の中の村に立ち寄る。川は見ての通り濁っていて、魚もロクに釣れない状況。
関係ないけど、地に足が付かず不安そうなトフがかわいいですな。

avatar_03_02
川の汚染の元凶、火の国の工場。

avatar_03_03
工場に食料も医薬品も持って行かれ、疲弊している村。カタラは何とかしたいと思うが、サッカは日食までの残り時間がないため、関わっているヒマはないと一蹴する。

avatar_03_04
翌日、アッパが病気になり、出発は延期に。

avatar_03_05
再び村に行くと、村は活気を取り戻していた。

avatar_03_06
何でも、村に食料が届けられ、どうやらそれは村に伝わる伝説の「Painted Lady」がしたと思われているらしい。

avatar_03_07
その夜、再び現れるPainted Lady。病気の人々をいやしていきます。

avatar_03_08
さらに次の夜。アンはPainted Ladyらしき人影を目撃し、あとを追います。逃げるPainted Lady。

avatar_03_09
予想通り、Painted Ladyの正体はカタラでした。カタラはアンに、川の汚染の元凶、工場の破壊工作の話を持ちかけます。話に乗るアン。
avatar_03_10
ちょっとアブない感じの破壊活動(笑)。
avatar_03_11
カタラもどーんと。
avatar_03_12
どーん。立派なテロリストです。

翌朝キャンプに戻ると、抜け出していたカタラを不審に思ったソッカが問い詰めます。
avatar_03_13
アッパの紫に染まった舌のトリックも露見。こんな感じのアイスありましたよね。

avatar_03_14
そこへ村へ向かう火の国の軍隊。
avatar_03_15
軽率な行動をソッカがとがめます。困っている人を見捨てられないと一人で向かうカタラ。
avatar_03_16
「待てよ、俺も行く」ソッカ兄さん、男です。

avatar_03_17
村では火の国の軍の報復が始まろうとしていた。
avatar_03_18
そこに立ちこめる謎の霧と地響き、恐ろしげなうなり声。
avatar_03_19
地響きのタネはこんな感じ。うなり声はアッパ担当。
avatar_03_20
ソッカの笛も雰囲気を盛り上げます。

avatar_03_21
指ひとつ動かさずに兵士を倒していくPainted Lady。
avatar_03_22
こちらのタネはアン。
avatar_03_23
avatar_03_24
隊長をやっつけます。
avatar_03_25
「出て行け、二度とこの村に近づくな」

めでたしと思いきや、戦いでペイントが剥がれ、カタラと露見してしまう。
avatar_03_26
「ニセモノめ!」詰め寄る村人。
avatar_03_27
ソッカの説得で取りなされる。別に誰だって村を救ってくれればいいじゃないですかね。
avatar_03_28
トフもこっそり裏工作。

こうしてアンとカタラの協力もあり、水源の汚染は取り除かれ、浄化されたのでした。

……その夜、カタラの目の前に……
avatar_03_29
「ありがとう」