SHADOW COMPLEX(XBLA) クリア後レビュー

shadow-complex
UnderTowを開発したChairがGears of WarのEpic傘下に入って制作したXBLAソフト。
ライブアーケードといってもクオリティ、ボリュームともにパッケージ級で、これを1200MSP(約1800円)で売られてしまっては、ほとんどのゲームメーカーは廃業するしかないというような出来。
内容としてはグラフィックを3Dで作った横スクロール2Dアクションシューティング。いわゆるメトロイドとかそのあたりのジャンルです。

ストーリーとしては、特殊部隊の訓練を受けながらも、父に反発して軍には入らなかった青年が、連れ去られた恋人を救い出すために謎の組織に潜入する、というもの。訓練を受けてるので銃の扱いには精通してる、という設定ですな。

システムは上記の通り、2Dアクションシューティングで、制作者が言っているとおりメトロイドを強く意識したものになってます。キャラクターの能力アップグレードで行ける場所が増えたり、画面単位でマップが区切られていたりとか、プレイ中は開発者云々を知らないながらも「メトロイドっぽいなあ」と思ってました。
とはいえ、パクリかといえばそうでもなく、銃を右スティックで方向を360度打ち分けられたり、近接攻撃でアップの演出が入ったりと、今風のゲームの要素も入ってます。主人公が行けるのは2D軸上のみですが、敵が奥から撃ってきたりもするので、その辺はちょっと怪しい撃ち分けが出来たりもします。絶対奥には行けないので、螺旋階段でも踊り場をジャンプして昇ったり、向こうの通路に行けなかったりするのは若干違和感がありますが、その辺は慣れですかね。

ちょっと気になったのは、マップに未入手のアイテムがマークで表示されるんですが、ひとつの画面にひとつしかマークが表示されないので、セーブポイントにアイテムが隠されてると表示されないという点。ちょっと陰険じゃない(笑)?

まあともかく、GoWのエンジンを使った美しいグラフィックと、パズル要素のあるアクションが上手い具合に融合してて、この手のジャンルが嫌いでなければ遊ぶ価値アリの良作です。